永久抹消登録 廃車 解体 スクラップ

永久抹消登録(廃車)をお得にする方法

お得に車をスクラップし、永久抹消登録する方法を教えます!

メニュー

廃車は有料?いやいや・・・陸運局が1年で最も暇な時期自動車税の季節がやってきました廃車しなければかかるのは自動車税だけではない!永久抹消登録をする前に

廃車は有料?いやいや・・・

誤解されているんですが、廃車、つまり永久抹消登録するのって有料だと思われていますよね?

もちろん各種手続きには多少の費用が掛かりますが、実際問題、車をスクラップする際に鉄くず代として1万円ほどもらえることも多く、また自動車税、自賠責保険が還付されることもあるので、実際に各種手続きをして費用が掛かっても、廃車する際にかかる費用総額はプラスになることが多いんですよ。

この事を知らない人が多いので、事故車、車検切れ車など、廃車にするしかない車を何年も放置している人がいかに多い事か。。

本当に情弱というか、いまの時代チョット検索して調べれば答えが出てきたり、お得な情報が分かるのに。そんなこともできない人は摂取されるしかないということなのかもしれません。

ただなんで廃車するのに費用が掛かると思うんだろ?ちょっと考えれば分かりそうだけどなー。

まー車を廃車にするなんて生涯に何度もないので分からないことも多いため、同情する面もあるにはありますけどね。。

実は廃車、永久抹消登録は自分で手続き等しなくても、廃車専門の買取業者に売ることもできるので、そうすれば面倒な手続き、スクラップなどをせずに1万円~3万円ほどもらえるので、このような買取業者を利用するのもいつの方法かもしれませんよ。

陸運局が1年で最も暇な時期

どのような仕事でも忙しい時期と暇な時期があると思いますが、陸運局、軽自動車協会は梅雨時が一番暇な時期です。

3月末までに永久抹消登録(廃車手続き)しなければ自動車税がかかるため1~3月は最も忙しくなり、4月もなんだかんだで忙しく、5月は自動車税の納付の時期でまた忙しいのですが、それが終わった6月に車を永久抹消登録する人は少なく、また自動車税を納付する人もいなくなるために、かなりのんびり仕事ができています。

ただ暇だから仕事が楽かと言えばそうとも限らず、することが少なければ結局雑用の仕事をさせられたり、暇だと時間が経つのが遅く感じるので個人的には忙しいほうが時間が早く経つ感じもするし、充実感もあるので好きなんですけどね。

ですので今の暇な時期は掃除をしたり、これから夏になるにあたって少し忙しくなるのでその準備をしたりして毎日を過ごしています。

忙しくても暇でも給料は同じですが、僕的には毎日忙しいほうが仕事にやりがいがでるのでいんですけどね。

とにかく今暇な時期にしかできないこともありますので、それらを確実にこなしていきたいと思います。

自動車税の季節がやってきました

自動車税の季節がやってきましたねー。我が家でも普通自動車、軽自動車、バイクがあるので、それぞれ34,500円、10,800円、2,000円の自動車税、軽自動車税の納付書が送られてきたので、まとめてコンビニで合計47,300円を支払ってきました。

コンビニで支払うのもなんだか面倒なので、自動振替の手続きをしようと思っていますが、これはこれで面倒なので、また来年も納付書が送られてきて、コンビニで支払うことになりそうですが。。

さて3月末までに車を売ったのに、または廃車(永久抹消登録手続き)を行ったのに自動車税、軽自動車税の納付書が送られてくる場合があるかもしれません。

もちろん役所の手続きミスは別ですが、もしも納付書が送られてきたら、売った相手(車買取店など)に確認の電話を入れなければなりません。

中には悪徳業者がいて、故意に名義人を変えていない場合もあるので、ここは強く抗議しなければ泣きを見ることになります。

もちろん自分で廃車、つまり永久抹消登録手続きししたのならばこのようなことは起こらないと思うので、お金もかからないし、ちょっと面倒なだけなので、これから車を廃車にしようと考えられている方は、自分で陸運局、軽自動車協会に行って抹消登録の手続きすることをオススメします。

廃車しなければかかるのは自動車税だけではない!

皆さん廃車してますかー?もう3月中旬ですよー!乗らない車があり、自動車税を払いたくなければあと2週間以内に廃車、つまり永久抹消登録の手続きをしなければ自動車税、軽自動車税がかかってきますので、無駄なお金を払いたくなければあと2週間以内に車をスクラップし、陸運局へ行って永久抹消登録をしましょう!

さて乗らないのに廃車しないとかかるお金は自動車税だけではありません。具体的には自賠責保険料、駐車場代、メンテナンス代などなど、実はいろいろ余計なお金がかかるんですよ。

そもそも乗らない車があるなら早急に廃車するべきなんですよ。もちろん乗ることはなくてもコレクションとして、趣味として持っておくだけなら良いですが、これはお金持ち、富裕層の贅沢な保有の仕方であって、一般庶民であれば乗らなくなった、または乗れなくなった車があれば1日も早く廃車にしなければ生活が苦しくなるのは明白です。

昔は土手や草むらに放置しておけば不要な車を処分できたかもしれませんが(もちろん不法投機で犯罪です)、最近はナンバープレートなんてなくても所有者を探すことができるシステムになっているので、廃車するお金や自動車税、自賠責保険料を払いたくないからと言って不法投棄はやめましょうね。

永久抹消登録をする前に

事故車、不動車、車検切れ車、過走行車など、乗れなくなった車は永久抹消登録しなければ毎年、自動車税を支払わなければなりませんので、確実に永久抹消登録の手続きをしなければなりません。

しかし永久抹消登録をするためには、まずはスクラップ工場で車を解体してもらわなければならず、解体の際にナンバープレートを受け取って陸運局、軽自動車協会で永久抹消登録しなければならないので、面倒だし、解体してもらうにも費用が掛かる場合があるので、なかなか重い腰が上がらないので、結局、毎年自動車税を払っているという人も多いようです。

そこで陸運局で働いていた事もある私が、どのようにすれば廃車するような車をお得に、そして効率的に永久抹消登録できるのかを皆さんにお伝え出来ればと思っています。

さて永久抹消登録をする方が最も多いのが2月、3月です。普通自動車であれば例え3月までに永久抹消登録しなくても月割計算での自動車税納付となりますが、軽自動車であれば3月までに永久抹消登録をしなければ1年分、10800円の軽自動車税がかかるので、これから乗るつもりのない車や、乗れない車がある人は面倒でも確実に手続きしたいものです。

これからこのサイトで廃車、永久抹消登録についての情報を提供していきますのでお楽しみに!

メニュー

廃車は有料?いやいや・・・陸運局が1年で最も暇な時期自動車税の季節がやってきました廃車しなければかかるのは自動車税だけではない!永久抹消登録をする前に


Copyright ©永久抹消登録(廃車)をお得にする方法 All rights reserved.

ログイン